Go to Contents Go to Navigation

ソウル地下鉄9号線が開通、金浦空港と漢江結ぶ

記事一覧 2009.07.24 10:15

ソウル地下鉄9号線が開通、金浦空港と漢江結ぶ

【ソウル24日聯合ニュース】金浦空港とソウル・漢江南の江南を結ぶソウル地下鉄9号線が、24日に運行を開始した。午前7時、9号線は金浦空港~新論ヒョン区間の25駅のうち、新論ヒョン方向へは4駅、金浦空港方向は3駅から、それぞれ初の乗客を乗せた電車が同時に出発した。

 ソウル市は当初、先月12日から運行する予定だったが、最終点検で乗り換え時の運賃システムに問題が見つかり、開通を延期していた。現在のところ、同システムだけでなく、国内の地下鉄で初めて導入された急行列車や乗り換えゲートなども正常に稼動している。

 開通した9号線第1期区間は総延長25.5キロメートルで、金浦空港(5号線)、堂山(2号線)、汝矣島(5号線)、鷺梁津(1号線)、銅雀(4号線)、高速ターミナル(3、7号線)の6駅が乗換駅となっている。また、9つの駅だけに停車する急行を利用すれば、金浦空港から新論ヒョンまで30分で移動できる。金浦空港駅から約10メートル歩けば仁川空港鉄道を利用でき、江南から1時間で仁川空港に到着する。

 運行時間は午前5時30分から翌日午前零時までで、平日の通勤時間帯は5分、それ以外は8~13分間隔で運行される。基本料金は交通カード決済基準で900ウォン(約70円)。

 ソウル市は、第2期区間(論ヒョン洞~総合運動場)を2013年、第3期区間(総合運動場~芳イ洞)は2015年を目標に完工する計画だ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。