Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題訴える世界連帯集会、12日ワシントンで

記事一覧 2009.08.11 09:51

慰安婦問題訴える世界連帯集会、12日ワシントンで

【ワシントン10日聯合ニュース】旧日本軍従軍慰安婦問題の解決を訴える世界連帯集会が、12日に米ワシントンの日本大使館前で開かれる。

 光復(日本植民地からの解放)64周年を迎え、韓国挺身隊対策協議会は10日から16日までを慰安婦問題解決に向けた世界連帯週間と定め、韓国、米国、日本、台湾、ドイツ、オーストラリアなどで一斉に連帯集会を開催する。

 この一環として行われるワシントン集会には、メリーランド韓民族委員会、南北共同宣言実践ワシントン委員会、米州同胞全国協会(NAKA)など、現地で活動する韓国人団体が参加する予定だ。過去の戦争犯罪に対する日本政府の謝罪、元慰安婦への公式謝罪と法的賠償、米下院121号決議(従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議)の受け入れなどを求め、大使館側にこうした内容を記した声明書を伝達する。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。