Go to Contents Go to Navigation

日本にだ捕された韓国漁船、保証金支払い解放

記事一覧 2009.08.20 19:16

日本にだ捕された韓国漁船、保証金支払い解放

【ソウル20日聯合ニュース】日本の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業した疑いで日本側にだ捕された韓国漁船の乗組員6人全員が20日午前11時35分ごろ、保証金を支払い解放された。

 外交通商部によると、この漁船は19日午後10時ごろに山口県萩市の北西約78キロメートルで、漁具規制違反の容疑で日本水産庁九州漁業調整事務所の取締船にだ捕された。同部関係者は、こうした事件は週に2~3件発生するが、定められた額の保証金を支払えばすぐに解放される場合が多いと話している。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。