Go to Contents Go to Navigation

日本一の女性騎手、韓国競馬界に進出の見込み

記事一覧 2009.08.26 20:22

日本一の女性騎手、韓国競馬界に進出の見込み

【釜山26日聯合ニュース】日本競馬界で女性騎手の最多優勝記録を持つ宮下瞳さん(32)が、韓国競馬界に進出する見通しだ。

 釜山慶南競馬公園は26日、宮下騎手が6カ月間の短期騎手免許を申請したと明らかにした。宮下騎手は9日に釜山で開かれた第1回韓国馬事会(KRA)国際女性騎手招待競走で、世界の有名騎手を制して優勝している。

 体重43キログラム、身長152センチメートルの宮下騎手は、1995年のデビュー以来、通算成績618勝(2位は762回)を記録。現在、日本で最多勝記録を保持している。

 宮下騎手の免許申請が受理されれば、韓国で活動する初の日本人女性騎手となる。宮下騎手は、「レベルの高い競技場と熱情的な競馬ファンのいる韓国で、必ず一度は活動してみたい」と抱負を語っている。

 競馬公園関係者は、宮下騎手は卓越した技術を有しているだけでなく、マナーのある正直なレースを展開する騎手だと説明、韓国女性騎手の手本になるものと期待を寄せた。騎手免許申請を前向きに検討し、早ければ9月にも宮下騎手が国内でデビューできるようにする方針だ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。