Go to Contents Go to Navigation

自由先進党・沈代表が離党宣言、首相職も固辞

記事一覧 2009.08.30 15:48

自由先進党・沈代表が離党宣言、首相職も固辞

【ソウル30日聯合ニュース】自由先進党の沈大平(シム・デピョン)代表が30日に緊急会見を開き、離党を宣言するとともに、次期首相候補に名が挙がっているものの、これを拒否する考えを示した。

 沈代表は、説得が通じない我執と独善的な運営で党支持率を2%台にとどめた李会昌(イ・フェチャン)総裁とは、党を同じくすることはできないと強調した。李総裁により党の運営がわい曲われていることは否定できないとし「国民の声に耳を傾けるよりも、総裁の口に従い行動しなければならない党の現実に、自省せずにはいられなかった」と述べた。

 また、青瓦台(大統領府)が自身を次期首相候補として検討することに、李総裁が否定的な立場を固守したことについても不満を吐露したが、首相職の提議は「わたし自身が受け入れることができない状況」だとし、引き受ける考えがないことを明言した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。