Go to Contents Go to Navigation

南北統一後のGDP、米除くG7と同一水準以上に

記事一覧 2009.09.21 17:15

南北統一後のGDP、米除くG7と同一水準以上に

【ソウル21日聯合ニュース】米ゴールドマン・サックスは21日に公表した報告書で、北朝鮮の潜在力を考慮すると、南北統一が実現された場合は30~40年後のドル換算国内総生産(GDP)が米国を除く先進7カ国(G7)とほぼ同水準か上回るとの見通しを示した。

 報告書は、北朝鮮の計画経済は崩壊直前だが、北朝鮮には昨年のGDPの140倍に達する豊富な天然資源と競争力を備えた人的資源があると評価。韓国が鉱物の97.0%を毎年輸入している状況で統一が実現すれば、北朝鮮の生産量で輸入量の相当部分を賄うことができると予想した。韓国の技術と資金力、北朝鮮の天然資源と労働力の結合で、強力なシナジー効果が期待されるとの見方を示している。

 報告書はまた、南北統一は転換期(2012~2027年)、統合期(2028~2037年)、成熟期(2038~2050年)の3段階で進められると見通した。

 転換期には北朝鮮の実質GDP成長率が平均7.0%に上るが、その後は2.0%代に鈍化し、2050年まで年平均5.5%を記録すると予想した。この時期の北朝鮮通貨は毎年11.0%以上切り上げられ、韓国は統一による投資活性化と規模の経済により0.3%の成長率を記録するとした。

 北朝鮮の1人当たりの所得は、統合から20年経過するころに韓国の半分水準に達し、成熟期には双方の成長率が一地点に集まると分析した。

 南北統一は今後、一方がもう一方に所得を支援するドイツ式よりは、一国に二つの経済体制と政治体系が共存する中国・香港式で進められる可能性が高く、現在懸念されている統一費用は、適切な政策推進により負担可能な水準にまで十分減額できるとの見方を示した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。