Go to Contents Go to Navigation

駐日韓国大使「独島に対する日本の主張に断固対処」

記事一覧 2009.10.18 11:56

駐日韓国大使「独島に対する日本の主張に断固対処」

【東京17日聯合ニュース】権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使は17日、日本の独島(日本名:竹島)領有権主張に関連し、「長期的で戦略的な観点から断固として対処している」と述べた。東京の駐日大使館で行われた国会外交通商統一委員会による国政監査で、業務報告を行ったもの。

 韓日関係で負担要因となる問題に対しては韓国側の原則を守りつつも、これらの問題によって両国関係が後退する状況が生じないよう努力していると説明した。大使館の独島対策班や広報官室などを中心に日本国内の主要メディアによる独島関連報道の動向を綿密に注視しながら、報道が行われた場合には政府に迅速に報告し、積極的に対応しており、今後もそのような姿勢で対応していく方針を示した。

 日本国内で右寄りの歴史教科書の採択が増加していることについては、日本の良識ある市民団体と緊密に協力する一方、歴史共同研究委員会に対する活動支援を通じ、日本内の正しい歴史認識拡大と両国間の歴史認識の格差是正に向け努力していると強調した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。