Go to Contents Go to Navigation

「韓国の未来は肯定的」ノーベル賞受賞者オストロム氏

記事一覧 2009.10.25 12:31

「韓国の未来は肯定的」ノーベル賞受賞者オストロム氏

【ニューヨーク25日聯合ニュース】ことしノーベル経済学賞を受賞した米インディアナ大学のエリノア・オストロム教授は25日、聯合ニュースとのインタビューに応じ、韓国には優れた人材がいるため難題を乗り越えられるだろうとしながら、「韓国の未来は肯定的」だと評価した。1997年に韓国を訪問したことがあり、またこれまで多くの韓国人学生を教え、韓国人の同僚とも仕事をしてきたと紹介、「こうした中で彼らの優秀性を知った」と評価した。

 また、韓国の持続可能な発展に向けた原動力として海洋資源を挙げ、漁場や水資源の管理などに尽力するよう促した。「韓国は非常に長い海岸線を持っており、相当な沿岸資源を有しているため、これをきちんと保護していくことが重要だ」と助言した。

 女性初のノーベル経済学賞受賞者に選ばれた所感を問うと、「非常にうれしく、皆に感謝している。同僚の女性学者にも自分の分野を維持しながら努力を続けるように言いたい」と答えた。

 オストロム教授は共有資源研究の先駆者とされ、山林や漁場、湖などの共有地は管理が不十分だとする伝統的経済理論「コモンズの悲劇(共有地の悲劇)」に新たな解法を提示した。これまで、共同体中心の協力体系を通じて共有財産を効率的に管理し、環境破壊も防げるとの主張を展開してきた。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。