Go to Contents Go to Navigation

元慰安婦女性の「ナヌムの家」に療養施設完成

記事一覧 2009.11.01 11:43

元慰安婦女性の「ナヌムの家」に療養施設完成

【光州1日聯合ニュース】旧日本軍による被害女性、元従軍慰安婦が集まって暮らす京畿道・広州の「ナヌムの家」に、療養施設を兼ねた居住空間が完成した。10月31日に完工式が開かれ、女性部次官や京畿道行政副知事、京畿道教育監、後援会長の国会議員、ボランティアなど300人余りが出席した。

 この施設は2003年から建設が推進されてきた。女性たちが住んでいた生活館を取り壊し、新たに延べ面積396平方メートルの2階建て建物として建てられた。建築費は約5億5000万ウォン(約4200万円)で、4億3000万ウォンは国・道からの支援、1億1700万ウォンは被害女性を支える後援者の募金で賄われた。

 死去した女性たちを追悼する意味を込め、黒いレンガ造りとなっている。1階は日当たりのいい広いリビングと個室10室が配置され、2階には台所と食堂がある。入居者が高齢の上に体が不自由なことに配慮し、エレベーターが設置されたほか、トイレ入り口の段差をなくし、壁には手すりがつけられた。療養保護士2人が24時間体制で詰め、8人の入居者に対し専門的なケアを行う。

 完工式でナヌムの家の代表理事を務めるソン・ウォルジュ僧侶は、すべてが国民の声援のおかげだと、感謝のあいさつを述べた。また、「慰安婦被害問題は終わってしまった過去の出来事ではなく、現在も進行中の解決されていないことで、わが民族と女性の受難」とし、ナヌムの家は被害の歴史を昇華させ、世界的な歴史と平和、人権の聖地にしていくと述べた。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。