Go to Contents Go to Navigation

民主党代表、京都の在日同胞向け老人ホーム訪問

記事一覧 2009.11.15 13:11

民主党代表、京都の在日同胞向け老人ホーム訪問

【大阪15日聯合ニュース】民主党の丁世均(チョン・セギュン)代表が14日、京都にある在日同胞のための特別養護老人ホーム「故郷の家」を訪れた。同所には日本植民地時代に強制徴用され、日本に渡った人々160人が暮らしている。

 丁代表は入居者らに対し、今年初めの在外国民投票関連法の改正により、在外国民に大統領選挙と国会議員総選挙・比例代表の投票権が与えられたことを取り上げ、2012年の大統領選挙で投票権を行使するよう求めた。「大統領選挙で誰に投票するか、今から考えてみてほしい」と述べ、民主党支持を遠回しに訴えた。

 丁代表は続けて大阪に移動、大阪教会で開かれた故金大中(キム・デジュン)元大統領の追悼会に出席した。

 丁代表は12日に訪日し、東京では小沢一郎・民主党幹事長、岡田克也外相と会合したほか、金元大統領の追悼会、在日本大韓民国民団(民団)主催の夕食会などに出席した。4日間の訪日日程を終え、15日午後に帰国する。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。