Go to Contents Go to Navigation

[芸能]クォン・サンウ、朝鮮戦争扱う大作映画で学徒兵役

記事一覧 2009.11.16 21:45

[芸能]クォン・サンウ、朝鮮戦争扱う大作映画で学徒兵役

【ソウル16日聯合ニュース】クォン・サンウとBIGBANG(ビッグバン)のT.O.Pが、朝鮮戦争を背景とする制作費120億ウォン(約9億2912万円)の大作映画「砲火の中へ」で学徒兵を演じる。

 制作サイドによると、同作はこのほど主要出演陣のキャスティングを終え、25日にクランクイン予定だという。チャ・スンウォンが北朝鮮軍の師団長、キム・スンウが韓国軍の師団長をそれぞれ演じる。

 同作は「私の頭の中の消しゴム」を撮ったイ・ジェハン監督の作品で、71人の学徒兵と北朝鮮正規軍の戦闘を扱っている。来年公開予定だ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。