Go to Contents Go to Navigation

ニューカマーの在日女性、在日社会つづった詩集出版

記事一覧 2010.02.08 18:50

ニューカマーの在日女性、在日社会つづった詩集出版

【大阪8日聯合ニュース】韓日国交正常化の1965年以降に日本に渡った、いわゆる「ニューカマー」の在日同胞女性が、在日社会に対し感じたことを詩にし、一冊の詩集を編んだ。韓国でこのほど詩集「あなたに愛を問う」を出版した金希ジョン(キム・ヒジョン)(46)さん。日本で在日韓国人の和合を目指すイベント「ワンコリアフェスティバル」の副実行委員長を務めるなどの活動を行っている。

 金さんが在日社会に初めて接したのは、27歳だった1991年のこと。学生時代にデモのひとつもしたことがなかった彼女が、日本に留学に行き、統一運動家で後に夫となる在日3世の鄭甲寿(チョン・ガプス)さん(ワンコリアフェスティバル実行委員長)と恋に落ちたことから、「見えない境界線」が引かれた在日社会に深く入り込んでいった。在日コリアンが多い大阪・鶴橋での日々の暮らしの中で、金さんが接した在日社会の痛みは、小さからぬ衝撃とともに大きな響きとして迫ってきた。金さんはそれを詩に書きとめ始めた。

 20年近く在日社会で生きてきた金さんが夢見るのは、民団(在日本大韓民国)系と総連(在日本朝鮮人総連合会)系、ニューカマーなど、日本で生きるコリアンがあらゆる葛藤(かっとう)と反目を乗り越え、「ハナ(ひとつ)」になることだ。これは、金さんが夫とともに毎年先頭に立って企画するワンコリアフェスティバルの持つ大きな意味でもある。

 金さんによると、在日社会は以前と比べると理念の葛藤の雰囲気が小さくなったが、南北の間に敏感な問題が発生すると、いまだにそしり合う妙な雰囲気が漂うのは事実だという。「在日同胞の和合と、ひいては韓国と日本の友好の力になりたい」と語った。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。