Go to Contents Go to Navigation

関西独立リーグの韓国チーム「コリア・ヘチ」発足

記事一覧 2010.02.19 15:22

関西独立リーグの韓国チーム「コリア・ヘチ」発足

【ソウル19日聯合ニュース】日本のプロ野球関西独立リーグに参加する韓国チーム「コリア・ヘチ」の創団式が19日、ソウル市庁舎で行われた。

 コリア・ヘチは大阪を本拠地とし、元ヘテ・タイガース(現:起亜)の4番打者、パク・チョルウ氏が監督を務め、ホン・デサン(高麗大)をはじめ21人の選手が所属する。パク監督は「20年前わたしが選手だったころ、日本野球は漠然とした憧れの対象だった。これから、その場所で堂々と競争してみせる」と意欲を燃やした。

 「コリア・ヘチ」は来月2日に日本に向かい、4月3日からリーグに属するほかの3チームと36試合を戦う。チームの名称とイメージに使われた「ヘチ」はソウル市のマスコットで、同市と協議し、使用することになった。

 昨年発足した関西独立リーグは日本で3番目のプロ野球独立リーグで、コリア・へチのほか神戸9クルーズ、明石レッドソルジャーズ、紀州レンジャーズの計4チームからなる。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。