Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮、対外文化連絡委員長に金貞淑氏を任命

記事一覧 2010.02.19 20:41

北朝鮮、対外文化連絡委員長に金貞淑氏を任命

【ソウル19日聯合ニュース】北朝鮮の民間外交を担当する対外文化連絡委員会の委員長に、北朝鮮内閣機関紙「民主朝鮮」の責任主筆の金貞淑(キム・ジョンスク)氏が任命されたことが確認された。

 北朝鮮の朝鮮中央放送は19日、金正日(キム・ジョンイル)総書記の68回目の誕生日(2月16日)を記念した18日の宴会について報じた際、金氏を対外文化連絡委員長と紹介した。

 韓国の国家情報院のウェブサイトにも、金氏が昨年12月に対外文化連絡委員会委員長に任命されたと掲載されている。

 対外文化連絡委員会は外務省と並ぶ北朝鮮の2大外交機関で、朝鮮労働党国際部の指揮の下、非修好国の政府や民間人との外交活動を行う。

 金氏は故金日成(キム・イルソン)主席のいとこで、朝鮮労働党対南担当秘書だった夫の故許ダム(ホ・ダム)氏とともに、金総書記の権力世襲に寄与した最側近の一人だ。こうした背景から、1964年に社会主義労働青年同盟(現金日成社会主義青年同盟)副委員長、1971年に朝鮮職業総同盟副委員長、1986年に「民主朝鮮」責任主筆に起用された。1982年からは最高人民会議(国会に相当)の代議員を務めている。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。