Go to Contents Go to Navigation

訓練中の空軍F-5戦闘機2機、江原道・黄柄山墜落

記事一覧 2010.03.02 16:20

訓練中の空軍F-5戦闘機2機、江原道・黄柄山墜落

【ソウル2日聯合ニュース】空軍の戦闘機「F-5」2機が、2日午後12時33分ごろ、江原道平昌郡の黄柄山に墜落した。

 空軍によると、2機は午後12時20分ごろ、戦闘機動訓練のため江陵基地を離陸したが、約5分に江陵市から西20キロメートルの上空で突然レーダーから消えた。空軍が直ちに救助用ヘリコプター2機を急行させ捜索したところ、平昌郡大関嶺面の黄柄山で戦闘機の残骸(ざんがい)を発見した。2機には操縦士3人が乗っていたが、生存有無は確認できていない。

 空軍は、参謀次長を事故対策本部長、監察室長を調査団長とした専門要員10人の調査団を事故現場に派遣した。

 ある登山客は「大関嶺の仙子嶺頂上にいたが、12時33分ごろ、大関嶺方面へ1キロの地点で飛行機の音とともに燃料が燃えるにおいがし、事故機と思われる残骸を見つけた」と、消防当局に通報している。

 F-5墜落事故は、2008年11月にも京畿道・抱川で発生している。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。