Go to Contents Go to Navigation

アニメ冬ソナ撮影現場で事故、日本人27人が負傷

記事一覧 2010.03.12 16:50

アニメ冬ソナ撮影現場で事故、日本人27人が負傷

【江陵12日聯合ニュース】アニメ「冬のソナタ」最終話エンディングシーンの実写撮影が行われていた江原道・正東津で、強風のため施設が壊れる事故があり、撮影を見学していた日本人観光客27人が負傷した。

 撮影は正東津のリゾート施設内で行われ、ドラマに主演したペ・ヨンジュンさん、チェ・ジウさんが共演する実写シーンの撮影とあり、日本から1700人のファンが見学に訪れていた。見学者らは、奥行2メートル、幅7~8メートルほどのベニヤ板の足場の上で見学していたが、強風にあおられ、この足場が倒れ、けがをした。頭、腕、足などに比較的軽度の擦過傷を負い、付近の病院で治療を受けている。警察が現在、詳しい事故原因などを調べている。

 アニメ「冬のソナタ」は現在、日本の衛星放送チャンネルで放映中で、最終話のエンディングシーンがドラマ版主演の2人が出演する実写版で制作されることになり、話題を集めていた。ペさん、チェさんの2人にはけがはないという。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。