Go to Contents Go to Navigation

韓国自殺死亡率OECDで最も高く、1日平均35人

記事一覧 2010.03.24 13:22

韓国自殺死亡率OECDで最も高く、1日平均35人

【ソウル24日聯合ニュース】韓国人の自殺死亡率が経済協力開発機構(OECD)30加盟国のうち最も高いことがわかった。

 保健福祉部が24日に明らかにしたところによると、韓国の人口10万人当たりの自殺死亡者は、2006年の21.5人から2007年が23.9人、2008年が24.3人と増加を続け、OECD諸国で最高を記録した。韓国に次いでハンガリーが21.0人、日本が19.4人、フィンランドが16.7人、ベルギーが15.8人、フランスが14.2人、ニュージーランドが12.2人、米国が10.1人などの順。

 統計庁の調査でも、韓国の2008年の自殺死亡者は1万2858人で、前年比5.6%増えた。1日平均35.1人が自ら命を絶っていることになる。1998年の自殺者(8622人)と比較すると、49%急増した。

 人口10万人当たりの自殺率を地域別に見ると、江原道が38.4人で2007年と同じく最多となった。次いで忠清南道が35.4人、忠清北道が33.6人の順、ソウルが21.6人で最も少なかった。

 自殺が全体の死因に占める割合は5.2%で、がん(28.0%)、脳血管疾患(11.3%)、心臓疾患(8.7%)に次ぎ4番目に高い。特に、20代、30代の死因に自殺が占める割合はそれぞれ40.7%、28.7%で最も高くなった。10代でも交通事故に続き自殺が死因第2位と、青少年や青年層の自殺が深刻な問題となっている。

 自殺の動機は厭世(えんせい)・悲観が33.5%で最も多く、次いで病苦が17.8%、精神異常が9.1%、絶望が7.0%、家庭不和が6.4%などと続いた。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。