Go to Contents Go to Navigation

韓明淑元首相、ソウル市長選挙への出馬を表明

記事一覧 2010.04.21 10:36

韓明淑元首相、ソウル市長選挙への出馬を表明

【ソウル21日聯合ニュース】最大野党・民主党常任顧問の韓明淑(ハン・ミョンスク)元首相が21日に会見し、ソウル市長選挙への出馬を表明した。

 韓元首相は、李明博(イ・ミョンバク)、呉世勲(オ・セフン)市長の8年間、「ソウルは痛み苦しんでいた」と述べた。見た目だけを変え中身は病んでいくという「展示行政」の時代は終わったと強調した。

 具体的な公約としては、2014年まで雇用、福祉、教育など人を助け育てるための予算を現在の可用予算の39%(6兆5000億ウォン、約5428億円)から52%(10兆ウォン)に拡大すると述べた。不必要な土木・建設予算と展示性予算を大幅削減するとした。

 小中学校の無償義務給食施行、無償保育比率の拡大、放課後教育の大幅拡大なども提示したほか、40万人雇用創出を掲げ、市長直属の雇用本部新設や雇用副市長の任命、1兆ウォン規模のベンチャーファンド造成など、これに向けた案を示した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。