Go to Contents Go to Navigation

登山家・呉銀善さん、女性初のヒマラヤ14座制覇

記事一覧 2010.04.27 19:46

登山家・呉銀善さん、女性初のヒマラヤ14座制覇

【ソウル27日聯合ニュース】登山家の呉銀善(オ・ウンソン)さん(44)が世界初の女性ヒマラヤ8000キロメートル級14座制覇に成功した。

 呉さんは韓国時間27日午後6時16分、北岳バットレスルートから、無酸素でヒマラヤ・アンナプルナ(8091メートル)の頂上に立った。同日は午前5時にキャンプ4(7200メートル)を出発。死闘は13時間におよんだが、ついに秒速14~20メートルの強風と氷点下30度近い酷寒のなか一歩ずつ進んできた大長征を締めくくった。

 頂上を踏んだ後、太極旗を手にした呉さんは「国民と喜びを分かち合いたい。本当にありがとうございます」と語り、涙を流した。

 14座制覇は女性では世界初、男女合わせても20人目。韓国人では2000年7月に厳弘吉(オム・ホンギル)さんが初めて成功して以来、朴英碩(パク・ヨンソク)さん(2001年)、ハン・ワンヨンさん(2003年)に続き4人目となる。

 特に呉さんは、大自然にありのままで向き合いたいと、無酸素登頂にこだわってきた。14座中世界最高峰のエベレスト(8848メートル)、2番目に高いK2(8611メートル)を除き、12座に無酸素で挑んだ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。