Go to Contents Go to Navigation

口蹄疫拡散、忠清南道・青陽の韓牛農家で発生

記事一覧 2010.05.07 10:11

口蹄疫拡散、忠清南道・青陽の韓牛農家で発生

【ソウル7日聯合ニュース】忠清南道青陽郡でまた口蹄(こうてい)疫の感染が確認された。

 忠清南道が7日に明らかにしたところによると、青陽郡の韓牛(韓国在来のウシ)農場から6日に口蹄疫感染の疑いの届け出があり、採取したサンプルを国立獣医科学検疫院で精密検査した結果、陽性反応が出た。

 この韓牛農場は、1日に11例目の口蹄疫が発生した忠清南道畜産技術研究所から北東に3.2キロメートルほどの距離で、半径3~10キロメートルの「警戒地域」内に位置する。道は7日午前2時ごろ陽性反応の通知を受け、この農場のウシ40頭と、付近の農場で飼育しているウシ26頭など家畜46頭の殺処分作業に入った。口蹄疫感染農場から半径500メートル内にある8つの農場の家畜56頭についても、午前中に殺処分を終える計画だ。

 今回陽性反応が出た農場とともに、扶余郡の韓牛農場も口蹄疫感染の疑いを届け出ていたが、精密検査の結果、陰性と判定された。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。