Go to Contents Go to Navigation

ハンナラ党の鄭夢準代表が辞任、地方選挙敗北で

記事一覧 2010.06.03 09:59

ハンナラ党の鄭夢準代表が辞任、地方選挙敗北で

【ソウル3日聯合ニュース】ハンナラ党の鄭夢準(チョン・モンジュン)代表は3日、前日に行われた第5回統一地方選挙の敗北に責任を取り、辞意を表明した。

 鄭代表は同日の最高委員会で「最善を尽くしたが、民意を得られなかった。選挙結果を謙虚に受け止める」とし、選挙対策委員長として責任を取り、辞意を表明した。

 一方、鄭炳国(チョン・ビョングク)事務総長も選挙を総括した事務総長として党代表と党員の意をきちんとくみ取るできなかったことに無限の責任を感じ、すべての責任を取り辞任すると明らかにした。

 ハンナラ党は現指導部の総辞職後、非常対策委員会の設置を検討している。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。