Go to Contents Go to Navigation

<「羅老号」再打ち上げ>爆発で通信断絶、公式発表

記事一覧 2010.06.10 18:58

<「羅老号」再打ち上げ>爆発で通信断絶、公式発表

【高興10日聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-1)が10日午後5時1分に打ち上げられたが、飛行中に爆発、墜落した。

 教育科学技術部の安秉万(アン・ビョンマン)長官は同日に公式会見を行い、羅老号は離陸137.19秒後まで正常に飛行していたが、その後、地上追跡所との通信が途絶えたと明らかにした。羅老号2段目(上段)に搭載されたカメラの映像から、羅老号は1段目(下段)燃焼区間で飛行中に爆発したものと判断されると説明した。

 現在、共同開発国ロシアとともに細部飛行状態の分析に着手しており、韓ロ共同調査団を設置し、原因究明を本格的に進める予定だとした。正確な原因が明らかになり次第、調査結果を発表し、3度目打ち上げの準備にかかると述べた。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。