Go to Contents Go to Navigation

<「羅老号」再打ち上げ>残骸は済州島南端の公海に

記事一覧 2010.06.10 21:14

<「羅老号」再打ち上げ>残骸は済州島南端の公海に

【高興10日聯合ニュース】教育科学技術部は10日、同日の打ち上げ後に爆発した韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-1)の残骸(ざんがい)落下地点は、済州島南端方向、外羅老島から約470キロメートルの公海上と確認されたと明らかにした。報道資料を通じ、現時点で把握されたところでは、落下地点は北緯約30度、東経約128度と推定されると説明した。

 また、韓国とロシア(共同開発国)の研究陣は、羅老号の細部飛行状態に対する分析のため、同日午後6時30分から第1回会議を開催したと伝えた。技術的論議の結果を出すには、今後さらに2~3度の会議が必要になる見通しだとした。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。