Go to Contents Go to Navigation

労働部が「雇用労働部」に、名称改め再出発

記事一覧 2010.07.05 10:00

労働部が「雇用労働部」に、名称改め再出発

【ソウル5日聯合ニュース】労働部が5日、雇用労働部と改称した。1981年に労働庁から労働部に格上げされてから29年、名称を改め再出発することになった。

 同日午前に政府果川庁舎で所属・下部機関長をはじめ本部幹部、職員、国民代表ら300人余りが出席するなか、発足式が開催された。あいさつに立った任太熙(イム・テヒ)長官は、「全職員が思考の枠を広げ雇用労働行政の質を高めることで、国民に雇用の希望を提供する」と誓った。

 同部はこの後、「雇用労働部に望む」をテーマとする専門家討論会、就職などに悩みを抱える20代の若者たちとのコミュニケーションを目的とする講演・コンサートなどを開催する。

 また任長官は、6日にサムスン電子、現代重工業、ポスコなど主要大企業の人事担当役員、経済5団体常勤副会長らと会い、青年雇用拡大案について話し合う。7日までさまざまな行事を開き、国民との疎通を図る考えだ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。