Go to Contents Go to Navigation

国会議員再・補欠選挙、与党ハンナラ党が完勝

記事一覧 2010.07.28 23:55

国会議員再・補欠選挙、与党ハンナラ党が完勝

【ソウル28日聯合ニュース】全国8選挙区で28日に実施された国会議員再・補欠選挙で、与党ハンナラ党が完勝した。

 中央選挙管理委員会の集計によると、ハンナラ党は、選挙の勝敗を左右するとみられたソウル市恩平区乙と忠清北道忠州市を含め5選挙区で勝利した。

 ソウル市恩平区乙では、李在五(イ・ジェオ)候補が得票率58.3%を獲得、39.9%の得票率にとどまった民主党の張裳(チャン・サン)候補を抑え、当選を決めた。忠清北道忠州市では、尹鎮植(ユン・ジンシク)候補が得票率63.7%で当選を確定した。このほかハンナラ党は、仁川市桂陽区乙、忠清南道天安市、江原道の鉄原郡・華川郡・楊口郡・麟蹄郡でも勝利を収めた。

 一方、野党民主党は、江原道原州市、江原道の太白市・寧越郡・平昌郡・旌善郡、光州市南区の3選挙区で勝利するにとどまり、敗北した。

 完勝を果たしたハンナラ党は、6月に実施された統一地方選挙敗北による後遺症を克服し、李明博(イ・ミョンバク)政権後半期の政局運営の主導権を握る4大河川再整備事業、親庶民政策、憲法改正など重点事業の推進を加速させるとみられる。また、李大統領は、内閣改造など一連の国政刷新作業を力強く進めると予想される。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。