Go to Contents Go to Navigation

民族運動団体ら、韓日併合100年で天皇に謝罪要求

記事一覧 2010.08.03 15:18

民族運動団体ら、韓日併合100年で天皇に謝罪要求

【ソウル3日聯合ニュース】「独立有功者遺族会」「3・1女性同志会」など11の民族運動団体が3日にソウル・鍾路の在韓日本大使館前で記者会見し、韓日併合100年を迎え、日本に対し「欺まん的な首相談話ではなく心からの天皇の謝罪」を要求した。

 団体側は、日本は100年が過ぎた現在も主権侵奪と植民支配、侵略戦争の過程で犯した非人道的な犯罪行為について真率な謝罪や反省がなく、半世紀の間、「村山談話」以降、閣僚が厚顔無恥な妄言を繰り返してきたと主張。国会の決議を経て、謝罪するよう求めた。

 また、1910年の韓国併合条約は道義的にも国際法的にも根本から無効だとし、法的に効力を喪失している屈辱的な韓日基本条約を全面改正すべきだと主張した。

 さらに、日本は第二次韓日協約、第三次韓日協約など暴力と強制により締結したすべての条約の無効を宣言し、歴史的、国際法的真実を謙虚に認め、未来志向の韓日関係発展に向け、歴史認識と外交政策を変えなければならないと強調した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。