Go to Contents Go to Navigation

光復節の暴走族、警察は常習者のオートバイ没収方針

記事一覧 2010.08.06 21:09

光復節の暴走族、警察は常習者のオートバイ没収方針

【ソウル6日聯合ニュース】8月15日の光復節(日本植民地からの解放記念日)深夜に予想される暴走族の集団暴走と関連し、警察庁は現場を取り締まるとともに常習者のオートバイを没収する計画だ。警察庁関係者が6日に伝えた。

 暴走族はここ数年、3月1日の三一節(独立運動記念日)や光復節にソウル都心を集団暴走しており、社会問題となっている。警察はことしの三一節を前に「暴走族との戦争」を宣布し、週末の取締でオートバイ107台を押収、常習性などを考慮して2台を没収した。

 警察は、14日午後11時半から15日午前5時まで集中取締を行い、暴走族はその場で検挙する。2回以上暴走を行った前歴のある55人が再度摘発されれば、身柄を押さえ捜査する方針だ。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。