Go to Contents Go to Navigation

日本首相「植民地支配、韓国人の意向に反していた」

記事一覧 2010.08.10 11:25

日本首相「植民地支配、韓国人の意向に反していた」

【東京10日聯合ニュース】日本の菅直人首相は10日、韓日併合100年を機に閣議決定を経て「首相談話」を発表。朝鮮半島の植民地支配に関し、「多大な損害と苦痛に対し、改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明する」とした。

 「ちょうど100年前の8月、日韓(韓日)併合条約が締結されて以来、36年にわたる植民地支配が始まった。3・1独立運動などの強い抵抗にも表れたように、政治的・軍事的な背景の下で当時の韓国人はその意向に反して行われた植民地支配により国と文化を奪われ、民族のプライドに深い傷を負った」と述べた。

 また、日本統治期間に朝鮮総督府を介して搬出され、日本政府が保管している朝鮮王室儀軌(朝鮮時代の国家行事を文書や図で記録した文化財)など、朝鮮半島に由来する図書について、韓国民の期待に応え、近く返還しようと思うと付け加えた。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。