Go to Contents Go to Navigation

韓国初の男性デザイナー、アンドレ・キムさん死去

記事一覧 2010.08.12 21:03

韓国初の男性デザイナー、アンドレ・キムさん死去

【ソウル12日聯合ニュース】著名ファッションデザイナーのアンドレ・キムさんが12日午後7時25分、持病のためソウル・蓮建洞のソウル大学病院で亡くなった。75歳だった。先月末に肺炎で同病院に入院し治療を受けていたが、病状が悪化した。

 1935年にソウルの農家の家に生まれたアンドレ・キムさんは、高校卒業後の1961年、明洞に設立された国際服装学院に1期性として入学し、デザインを学んだ。翌62年に初のファッションショーを開き、韓国初の男性ファッションデザイナーとしてデビューした。1988年のソウルオリンピックで韓国選手団のユニフォームをデザインしたほか、芸能人や各界著名人の衣装を数多くデザインし、名声を高めた。

 1962年に仏パリで韓国人デザイナー初のファッションショーを行ったのをはじめ、カンボジア・アンコールワット遺跡、オーストラリア・シドニーのオペラハウス、中国・北京の人民大会堂、エジプトのピラミッドの前など、国内外のさまざまな場所で数百回を超える大小のショーを行い、独創的なファッションの世界を披露してきた。

 ファッションへの情熱と功労が認められ、1977年にはファッションデザイナーでは初めて、大韓民国文化勲章を受章。2000年にはフランス芸術文化勲章も受章した。

 独特のファッションやキャラクターで知られ、各種テレビ番組にも多く出演し、人気を博した。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。