Go to Contents Go to Navigation

K1戦車砲身が射撃訓練中爆発、相次ぐ軍内事故

記事一覧 2010.09.06 09:34

K1戦車砲身が射撃訓練中爆発、相次ぐ軍内事故

【ソウル6日聯合ニュース】陸軍のK1戦車が先月6日の実射撃訓練で、砲弾が発射されず砲身内で爆発する事故が発生していたことが分かった。

 陸軍が6日に明らかにしたところによると、第26師団戦車大隊所属のK1戦車が京畿道坡州市の武建里訓練場で標的に向け射撃する訓練を実施していたところ、105ミリ主砲の砲身が爆発した。戦車周辺に兵力は配置されておらず人命被害はなかったが、戦車の砲弾が砲身内で爆発する事故は異例のことと受け止められている。

 7月29日にはK21装甲車が渡河訓練中に浸水し操縦教官が死亡する事故が起きており、相次ぐ軍での事故発生に、原因を究明する精密調査が求められている。軍当局は国防科学研究所、国防技術品質院、防衛事業庁などとともに、K21浸水事故とK1砲身爆発事故の調査を並行して進めている。

japanese@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。