Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で住民の私的な集会も統制、後継者非難封鎖

記事一覧 2010.11.05 18:16

北朝鮮で住民の私的な集会も統制、後継者非難封鎖

【ソウル5日聯合ニュース】北朝鮮では金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者となった三男の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長に対する住民の非難が相次ぐ兆しがみられ、当局が住民の私的な集会も徹底して統制しているという。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が5日に報じた。

 咸鏡北道の国境地域に住む男性は、国家安全保衛部指導員を務める兄から、同窓会や友人との集まりでは政治的な発言に気をつけるよう言われたと話した。同部が最近、こうした住民の親ぼく会に対する調査を行っているのだという。

 最近中国入りしたというある脱北者は、数日前に朝鮮労働党書記が住民の集まりを非難し、誕生日や子どもの1歳の祝宴、祭祀などを行うのも社会主義の生活様式に外れると指摘し、なくすべきだと発言したと伝えた。

 RFAは、北朝鮮当局が住民の私的な集会まで取り締まりの対象としているのは、住民の間で正恩氏を非難する声が相次いでいるためだと分析している。正恩氏を唯一領導体系を固めるための政治作業だとの見方だ。

 一方、朝鮮人民軍出身の脱北者の団体「北韓人民解放戦線」は3日にウェブサイトを通じ、最近北朝鮮軍内部では将校、一般兵士を問わず、個人的な交友関係を調査していると伝えた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。