Go to Contents Go to Navigation

北が海岸砲50発以上発射、韓国軍戦闘機出撃

記事一覧 2010.11.23 16:01

北が海岸砲50発以上発射、韓国軍戦闘機出撃

【ソウル23日聯合ニュース】北朝鮮が23日午後2時34分ごろ、黄海上の軍事境界線と位置付ける北方限界線(NLL)に近い延坪島の陸上と付近の海域に海岸砲50発以上を発射し、現在も砲声が続いていると、軍関係者が伝えた。

 これを受け、韓国軍も80発以上を応射した。兵士1人が重傷、3人が軽傷を負ったが、現時点で人命被害の報告は出ていないという。砲弾が落下した延坪島の住民にも被害が予想されると伝えられた。一部島民は漁船で避難したという。

 また韓国軍は、F-15、16戦闘機を黄海5島地域に向け出撃させた。

 国防部の金泰栄(キム・テヨン)長官は同日の国会質疑で、「韓国軍は交戦規則に基づき、自衛権確立の次元から(北朝鮮に対する)対応射撃を80発余り行った」と明らかにした。北朝鮮に挑発行為を即刻中断するよう促しながら、さらなる挑発には強力対応すると述べた。金長官は、砲弾が落下した延坪島で火災が発生したが、住民被害は確認されていないと話している。

 一方、李明博(イ・ミョンバク)大統領は北朝鮮の海岸砲射撃を受け緊急関係閣僚会議を招集した。青瓦台(大統領府)関係者が伝えた。拡戦することがないよう管理に万全を期すよう指示した。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。