Go to Contents Go to Navigation

≪北朝鮮による過去の挑発行為≫

記事一覧 2010.11.23 20:03

≪北朝鮮による過去の挑発行為≫

【ソウル23日聯合ニュース】北朝鮮は23日午後2時34分から1時間にわたり、黄海上の軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)に近い仁川・延坪島とその付近に向け、海岸砲と曲射砲100発余りを発射した。過去に南北の海戦はあったものの、韓国領への砲撃は今回が初めて。

以下は1996年以降の北朝鮮による主な挑発行為。

▼1996年4月4日:軍事境界線(MDL)および非武装地帯(DMZ)の任務放棄宣言

▼1996年4月5~7日:軍事境界線上の共同警備区域(JSA)に対する武装兵力超過投入(200~300人)および重火器搬入

▼1996年9月18日:北朝鮮潜水艦が江原道・江陵沖合いで座礁(26人搭乗)

▼1997年10月17日:武装兵12人が板門店に近い「自由の村」で韓国住民2人を拉致

▼1998年2月2日:JSAの北朝鮮兵1人が2回にわたりMDLを越え韓国側へ

▼1998年3月12日:北朝鮮兵12人がMDLを40~50メートル越境(韓国軍は約20発警告射撃)

▼1998年6月11日:北朝鮮軍詰め所から韓国軍詰め所方向に自動小銃4発発射

▼1998年6月22日:江原道・束草の沖合いで北朝鮮のユーゴ型潜水艇(工作員潜搬入用潜水艇)1隻(遺体9体)発見

▼1998年7月12日:江原道・東海の海岸で武装スパイの遺体1体と侵入用水中推進器1台を発見

▼1999年6月15日:北朝鮮警備艇が黄海上の北方限界線(NLL)を越え韓国側へ。第1延坪海戦が発生

▼2001年9月19~20日:北朝鮮が京畿道・鉄原のDMZでMDLを越え韓国側へ(韓国軍は警告射撃)

▼2001年11月27日:北朝鮮が京畿道・坡州のDMZで韓国軍詰め所に機関銃2~3発発射

▼2002年6月29日:北朝鮮警備艇がNLL侵犯。第2延坪海戦が発生

▼2003年2月20日:北朝鮮「MiG-29」1機がNLLを13キロメートル南下(韓国軍は戦闘機出撃)

▼2003年7月17日:北朝鮮が京畿道・漣川のDMZで14.5ミリ機関銃4発を発射(韓国軍は警告射撃)

▼2003年10月30日:北朝鮮警備艇がNLL越え韓国側へ(韓国軍は警告射撃)

▼2004年7月14日:北朝鮮警備艇がNLL越え韓国側へ(韓国軍は艦砲射撃)

▼2004年10月10日:北朝鮮潜水艦が東海(日本名:日本海)侵入との諜報(韓国軍は爆雷投下)

▼2004年11月1日:北朝鮮警備艇3隻、延坪島沖合いなどでNLL越え韓国側へ(韓国軍は警告射撃)

▼2009年9月4日:北朝鮮警備艇1隻が白リョン島沖合いでNLL越え韓国側へ

▼2009年11月10日:北朝鮮警備艇が黄海NLLを侵犯し南下、艦砲50発余りを発射。韓国軍は応射(大青海戦)

▼2010年3月26日:白リョン島沖合いで1200トン級の韓国海軍哨戒艦が北朝鮮魚雷攻撃により沈没。乗組員104人のうち46人が行方不明に。

▼2010年8月19日:北朝鮮軍が白リョン島北方の海上に海岸砲10発余りを発射

▼2010年11月23日:北朝鮮軍が延坪島に砲撃

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。