Go to Contents Go to Navigation

延坪島民98%が仁川などに避難、北朝鮮砲撃受け

記事一覧 2010.11.26 17:09

延坪島民98%が仁川などに避難、北朝鮮砲撃受け

【韓国・延坪島26日聯合ニュース】北朝鮮軍による韓国・延坪島への砲撃事件を受け、26日午前現在、島民の約98%が仁川などに避難した。

 延坪面事務所(役場)が明らかにした。現在残っている島民は30人で、大延坪島20人、小延坪島10人。島の人口は約1400人で、98%が避難したことになる。島に居住していた公務員もこの日までに多数が撤収し、100人余りから59人に減った。島に残る居住民総数は89人となっている。軍人やボランティアなどは今回の集計に含まれていない。

 延坪面関係者は、「28日からの韓米合同軍事演習で北朝鮮が再び挑発する可能性に不安が広がっている」と話した。島民らは演習終了後に島に戻ることになるだろうとした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。