Go to Contents Go to Navigation

誤作動の延坪島対砲レーダー、砲撃前も度々故障

記事一覧 2010.12.02 17:05

誤作動の延坪島対砲レーダー、砲撃前も度々故障

【ソウル2日聯合ニュース】先月23日に発生した北朝鮮による延坪島砲撃の際、誤作動で本来の役割を果たせず問題となった韓国軍のAN/TPQ-37対砲レーダーが、これまでも度々故障を起こし、整備を受けていたことが分かった。

 国防部が2日に国会国防委員会所属議員に提出した資料によると、延坪島に配備された対砲レーダーは陸軍の支援を受け、海兵隊延坪部隊が2月から運営して以来、3度にわたり故障し、整備を受けた。延坪島に投入される前の昨年2月と3月にも故障を起こし、関連部品を交換していた。

 また、ことし2月に白リョン島に配備された同じ機種の対砲レーダーも、2度にわたり故障したほか、昨年2月に誤作動で整備を受けていた。

 同レーダーは1996年に4基、1998年に1基を米国から導入。延坪島と白リョン島にはそれぞれ1基ずつ配備されている。

 一方、軍当局は北朝鮮の延坪島砲撃以降、延坪島と白リョン島に最新の対砲レーダー「アーサー」を配備した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。