Go to Contents Go to Navigation

ルノーサムスン、年間輸出台数10万台突破

記事一覧 2010.12.08 16:14

ルノーサムスン、年間輸出台数10万台突破

【ソウル8日聯合ニュース】ルノーサムスン自動車は8日、2000年の会社設立以来初めて、年間輸出台数が10万台を突破したと明らかにした。

 同社は1~11月に10万505台を輸出した。前年の同じ期間に比べ105.5%の増加。ことし通年の輸出台数も前年の5万6180台に比べ100%以上増加し、11万2000台を超えると予想している。

 輸出台数は、2000年は192台にすぎなかったが、10年で500倍以上増えた。これまでの輸出台数は累計で35万6260台に上る。

 同社は釜山工場で生産している「SM3」「ニューSM5」など全モデルを中東、南米、アジア、欧州の約60カ国に輸出している。「SM3 CE」と「QM5」は、中東と中国を含めたアジアでそれぞれ月平均4000台、3000台以上が販売されているほか、昨年とことしに発売された「SM3」と「ニューSM5」の輸出増加も続いている。

 同社関係者は「品質にこだわる経営哲学に基づいた厳しい品質管理が認められていると思う。今後もルノーサムスンがルノー・日産アライアンスのアジアのハブとしてさらに磐石な地位を築いていきたい」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。