Go to Contents Go to Navigation

口蹄疫による殺処分家畜17万頭、過去最大に

記事一覧 2010.12.08 21:11

口蹄疫による殺処分家畜17万頭、過去最大に

【大邱8日聯合ニュース】ことしは3回にわたり口蹄疫(こうていえき)が発生し、発生年を基準にした家畜被害規模が過去最大となった。

 農林水産食品部と慶尚北道が8日に明らかにしたところによると、年初から現在までに、口蹄疫により殺処分されたか殺処分予定の家畜は17万頭余りと集計された。

 発生事例ごとに見ると、最近慶尚北道・安東で発生した口蹄疫により、道内だけで9万3448頭の家畜が殺処分対象となった。疫学関係が明らかになり、拡散防止のために埋立処分された忠清南道・保寧のブタ2万5000頭余りを含めると、安東の口蹄疫により殺処分されたかされる予定の家畜は11万8000頭に達する。

 1月に京畿道の抱川や漣川で口蹄疫が発生した際には、家畜5956頭が殺処分された。4~5月には仁川・江華や京畿道・金浦、忠清北道・忠州、忠清南道・青陽などで発生し、4万9874頭が殺処分された。

 殺処分規模もさることながら、発生頻度も非常に大きな問題だ。韓国では1934年に口蹄疫が発生し、66年後の2000年に再び発生。その後、2002年の1回を除き、発生事例がなかったが、ことしは3回発生している。

 防疫当局は、ことしの口蹄疫は海外から流入したものと推定しているが、ともすれば中国や東南アジアのように口蹄疫が常時発生する国になるのでは、と懸念を深めている。

komatsu@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。