Go to Contents Go to Navigation

沙也可こと金忠善将軍の顕彰碑、紀州東照宮に建立

記事一覧 2010.12.09 10:00

沙也可こと金忠善将軍の顕彰碑、紀州東照宮に建立

【東京9日聯合ニュース】壬辰倭乱(文禄の役)当時、朝鮮に攻め込みながら朝鮮に帰化したとされる日本人武将・沙也可(さやか)、朝鮮名・金忠善(キム・チュンソン)の顕彰碑が日本の和歌山県和歌山市・紀州東照宮境内に建立された。和歌山が地元の自民党の二階俊博衆議院議員が9日、聯合ニュースに伝えた。

 顕彰碑は、日本のNPO法人「和歌山の観光を考える百人委員会」が、金忠善(沙也可)に関する韓日国際シンポジウムを開催したのを記念し建立した。先月13日に現地で除幕式が行われ、二階議員のほか、金忠善(沙也可)を小説で描いた作家の神坂次郎さん、金忠善14代目子孫の金在錫(キム・ジェソク)さんら、韓日合わせ70人余りが参加した。

 顕彰碑の高さは1.5メートルで、アシアナ航空が寄贈した韓国産陰城石製。韓国語と日本語で、神坂さんの文章と韓日友好を願う言葉が刻まれている。

 金忠善(沙也可)は1592年の壬辰倭乱(文禄の役)で、加藤清正の先鋒として鉄砲隊を率い朝鮮に渡ったが、この戦いには理由がないとして投降。朝鮮の武将として戦功を立て、正2品の正憲大夫に取り立てられた。子孫は韓国全国に7000人余りいる。出自については和歌山県出身などさまざまな説がある。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。