Go to Contents Go to Navigation

京畿道北部で口蹄疫広がる、坡州でさらに感染確認

記事一覧 2010.12.19 12:38

京畿道北部で口蹄疫広がる、坡州でさらに感染確認

【議政府19日聯合ニュース】京畿道口蹄疫(こうていえき)防疫対策本部は19日、同道の坡州市交河邑の韓牛(韓国在来種の牛)農場で新たに口蹄疫感染が確認されたと明らかにした。

 この農場は、16日に口蹄疫感染が見つかった同市の乳牛飼育農場から南西へ19キロメートル離れている。18日に感染の疑いの届け出があり、検査の結果、陽性と判定された。韓牛は全頭殺処分される。これで京畿道北部での口蹄疫発生件数は4件に増えた。

 防疫当局は、韓牛農場から半径500メートル以内でも予防的殺処分を行う方針だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。