Go to Contents Go to Navigation

京畿道・加平で口蹄疫、韓牛産地への拡散阻止に総力

記事一覧 2010.12.21 14:15

京畿道・加平で口蹄疫、韓牛産地への拡散阻止に総力

【ソウル21日聯合ニュース】京畿道加平郡の韓牛(韓国在来種のウシ)農家で口蹄疫(こうていえき)感染が確認された。農林水産食品部が21日に明らかにした。同農家では韓牛55頭を飼育している。

 加平は多数の韓牛トップブランドを有する江原道と隣接している。感染拡大の阻止に向け、当局はこの農家の飼育韓牛と、半径500メートル以内に位置する家畜の全頭処分を進めるなど、対応に全力を挙げている。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。