Go to Contents Go to Navigation

韓日・韓中海底トンネル、「経済性はなし」

記事一覧 2011.01.05 10:10

韓日・韓中海底トンネル、「経済性はなし」

【ソウル5日聯合ニュース】国土海洋部は4日、韓国交通研究院が韓日海底トンネルと韓中海底トンネルについて検討したところ、経済性がないとの結果が出たと明らかにした。

 交通研究院は昨年初めから、仁川、華城(京畿道)、平沢(京畿道)・唐津(忠清南道)、黄海道・甕津(北朝鮮)のうちの1カ所と中国・威海をつなぐ海底トンネルと、釜山~対馬~福岡(222.6キロメートル)をつなぐ韓日海底トンネルの妥当性を調査した。その結果、100兆ウォン(約7兆2862億円)に上る膨大な費用のせいで、費用便益比(B/C)が妥当性があるとされる0.8を大きく下回った。

 国土海洋部関係者は「地方自治体などからの要求で調査を依頼したが、やはり妥当性がないとの結果が出た。今後、海底トンネルの建設をめぐる議論がなくなることを期待する」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。