Go to Contents Go to Navigation

李大統領「口蹄疫発生を予防する根本的対策必要」

記事一覧 2011.01.06 10:30

李大統領「口蹄疫発生を予防する根本的対策必要」

【ソウル6日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は6日、青瓦台(大統領府)で口蹄疫(こうていえき)対策を話し合う緊急関係長官会議を主宰し、旅行客が増えているため検疫だけでは予防が難しいと述べ、根本的な対策を講じるよう指示した。

 続けて、中国やベトナムでは年中口蹄疫が発生すると説明し、当面の対策を立てる一方、抜本的な対策も講じ、来年の発生を防がねばならないと重ねて強調した。

 また、李大統領は、農林水産食品部の劉正福(ユ・ジョンボク)長官、行政安全部の孟亨奎(メン・ヒョンギュ)長官から官庁別の防疫推進状況などについて報告を受け、口蹄疫の感染拡大に備えたワクチンの確保や接種、中央官庁と地方自治体の効率的な協力策を論議した。

 慶尚北道・安東で昨年11月末に発生した口蹄疫は、今月5日までに6市道、41市郡の98カ所に拡大し、全国2857農家の82万6456頭が殺処分された。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。