Go to Contents Go to Navigation

韓国・東海発の国際クルーズ、敦賀港まで運航延長へ

記事一覧 2011.02.25 14:46

韓国・東海発の国際クルーズ、敦賀港まで運航延長へ

【東海25日聯合ニュース】江原道・東海市が、クルーズフェリー旅客船「イースタンドリーム」の運航を、福井県の敦賀港までの延長する計画を積極的に進めている。

 同旅客船は現在、江原道・東海から日本・鳥取県の境港、ロシア・ウラジオストクを結んでいる。2009年6月の就航以来、順調に旅客と貨物輸送が増加し、さまざまな分野で地域発展に貢献している。

 今後は北東アジアと環東海(日本海)圏時代の幕開けに備え、福井県の敦賀港など新航路開拓に積極的に乗り出す。旅客船を運航するDBSクルーズフェリーは、昨年7月に国土海洋部から敦賀港までの延長運航許可を受けている。東海市と敦賀市の姉妹都市提携30年となる今年の上半期(1~6月期)にテスト運航を経て本格就航する計画だ。

 敦賀市は京都と大阪など大都市が隣接しており、産業団地や文化遺産観光地などへのアクセス向上で旅客と貨物の画期的な増加が期待されている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。