Go to Contents Go to Navigation

韓国家計貯蓄率2.8%、来年は日本を下回る見通し

記事一覧 2011.03.07 11:31

韓国家計貯蓄率2.8%、来年は日本を下回る見通し

【ソウル7日聯合ニュース】高い貯蓄率を誇っていた韓国の家計貯蓄率が急落し、最大消費国の米国の半分にも満たない水準まで落ち込んだ。

 経済協力開発機構(OECD)の報告書によると、韓国の昨年の家計貯蓄率は2.8%となり、統計を取りまとめた20カ国の平均貯蓄率6.1%を大きく下回った。日本の2.7%に次ぐ5番目に低い水準。

 特に、韓国の貯蓄率は最大の消費国、米国にも逆転されている。米国は金融危機を受け消費を縮小し、貯蓄率が急上昇したが、韓国は貯蓄率が低いままだ。

 2007年2.1%だった米国の貯蓄率は2008年に4.1%、2009年5.9%、2010年5.7%となっている。2011年は6.0%、2012年は6.1%に上昇すると見込まれる。

 これに対し、韓国は2007年と2008年に2.9%だった貯蓄率が2009年は3.6%に上昇したが、2010年は2.8%に下落、2012年も2.8%を維持するとみられ、日本(3.1%)にも追い越される見通しだ。

 1975年に7.5%だった韓国の貯蓄率は経済成長が本格化し、右肩上がりに上昇、1988年にはドル安・原油安・低金利の「3低好況」と夏期五輪の特需も重なり、過去最高の25.9%に上昇した。2000年に9.3%でベルギー(12.3%)に1位を明け渡すまで13年間、貯蓄率世界トップを守った。しかし、クレジットカード会社が経営危機に追い込まれる事態が発生した2002年には世界最下位の0.4%に落ち込み、2004年は9.2%まで持ち直したが、2007年からは2~3%台で推移している。

 家計の貯蓄率下落は、所得増加率の鈍化や社会負担金の増加、金利の下落、消費形態の変化など、さまざまな要因が複合的に影響した結果とみられる。

 企画財政部関係者は「低い貯蓄率は投資や消費余力を失わせ、マクロ経済の安定的な運営を妨げる」と指摘。「家計負債が所得より急増しており、金利上昇時に経済全般の健全性を悪化させる恐れがある」と懸念した。  kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。