Go to Contents Go to Navigation

東北沖大地震、政府の対応チームがきょう現地入り

記事一覧 2011.03.12 09:36

東北沖大地震、政府の対応チームがきょう現地入り

【ソウル12日聯合ニュース】東北沖大地震を受け、政府は韓国国民の安全対策を講じるため、対応チームを現地に派遣する。

 外交通商部当局者はこの日、「政府の迅速対応チームが本日午後6時ごろ、日本の仙台に向かう。新潟空港を通じ、車で現地入りする予定だ」と明らかにした。

 政府の迅速対応チームは外交通商部職員5人で構成される。現地で韓国国民の安全および被害状況を把握し、衛星電話を利用して本部に状況を報告する予定だ。

 外交通商部は、駐日韓国大使館、駐仙台韓国総領事館、地域の在日本大韓民国民団(民団)などを通じ、在日韓国人の被害状況を把握している。現在まで人命被害は報告されておらず、現地公館で電話や直接訪問などを通じ、確認を続けているという。

 一方、政府は救助隊76人、医療陣37人、韓国国際協力団4人ら計120人で構成された緊急救護隊を待機させており、日本政府から要請があれば、直ちに派遣するとしている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。