Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が朱相成人民保安部長を解任、朝鮮中央通信

記事一覧 2011.03.16 19:58

北朝鮮が朱相成人民保安部長を解任、朝鮮中央通信

【ソウル16日聯合ニュース】北朝鮮の国防委員会は16日、朱相成(チュ・サンソン)人民保安部部長を解任したと、朝鮮中央通信が同日に報じた。「身辺関係」での解任だと伝えたが、具体的な理由については言及していない。

 北朝鮮では一般的に、高官クラスの人物が死去するまで職を離れることは多くないため、この解任は異例のことと言える。金正日(キム・ジョンイル)総書記から三男・正恩(ジョンウン)氏への後継構図構築を加速する措置の一環ではないかとの分析が出ている。

 人民保安部は、国家安全保衛部と並ぶ北朝鮮の代表的な公安機関。人民保安部長は、韓国の警察庁長に相当する。

 朱相成氏は2004年から、人民保安部の前進・人民保安省の首長、人民保安相を務めていた。昨年9月の朝鮮労働党代表者会では、党政治局委員と中央委員に重用された、正恩氏後継体制の下、公安機関の現役将校として重要な役割を担うと目された人物だ。その後も主要行事があるたびに主席団の第一列に並んでおり、金総書記の現地視察や公演観覧にも随行することが多い。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。