Go to Contents Go to Navigation

大統領夫人、済州島の世界7大自然奇観入りの広報に

記事一覧 2011.03.23 12:04

大統領夫人、済州島の世界7大自然奇観入りの広報に

【ソウル23日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領夫人の金潤玉(キム・ユンオク)氏が韓国・済州島の「世界7大自然奇観」入りに向けた国民的なキャンペーンに一肌脱ぐ。

 大統領府の青瓦台(大統領官邸)で23日に開かれた「済州-世界7大自然景観選定汎国民推進委員会」で、金夫人は同委員会の名誉委員長の職を受諾した。会場には委員長の鄭雲燦(チョン・ウンチャン)前首相、禹瑾敏(ウ・グンミン)済州道知事、夫万根(プ・マングン)汎済州道民推進委員長、広報大使を務める女優のコ・ドゥシムさんらが出席した。

 この日の行事で、金夫人は「済州の挑戦が多くの国民と世界の日と人たちから支持される美しくて楽しい挑戦になることを希望する」と話したという。また、金夫人は「結果も重要だろうが、済州の魅力を新たに発見し、広く見せる一連の過程も大切だ」と発言。

 「世界7大自然奇観」の選定は、スイスの非営利財団・ニューセブンワンダーズ基金が主管。電話とインターネットを通じて11月11日までに選定する。済州は候補地440カ所を対象にした1次・2次投票、専門家審査を経て、最終候補(28カ所)に選ばれている。

 済州は世界で唯一、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保護区と世界自然遺産となっているだけでなく世界ジオパーク(地質公園)にも認定された。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。