Go to Contents Go to Navigation

日本人が建立した安重根記念碑、除幕式

記事一覧 2011.03.25 15:22

日本人が建立した安重根記念碑、除幕式

【ソウル25日聯合ニュース】伊藤博文を暗殺した韓国の独立運動家、安重根(アン・ジュングン)の殉国101周年を迎え、日本人が安重根の志や生涯をたたえるため建立した「安重根東洋平和祈願碑」の除幕式が佐賀県佐賀市にある無量寺で25日に行われた。

 記念碑は安重根の行跡と精神をたたえる日本人会の主導で設けられたもので、日本人による記念碑建立は今回が初めてだという。

 除幕式には、記念碑の建立に協力した韓国の市民団体「安重根平和財団青年アカデミー」の会員10人、民主党の金星坤(キム・ソンゴン)議員、日本側の関係者100人余りが出席した。

 アカデミー関係者は「100年前、安重根の行動は東洋の平和のためだったという事実を日本人に分かってもらうのが(碑石建立の)最も大きな意義」だと述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。