Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が日赤に10万ドル寄付、金総書記が指示

記事一覧 2011.03.25 18:59

北朝鮮が日赤に10万ドル寄付、金総書記が指示

【東京25日聯合ニュース】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長は25日午後、日本赤十字社を訪れ、北朝鮮から届いた東日本大震災の義援金10万ドル(約809万円)を手渡し、「金正日(キム・ジョンイル)総書記の指示により伝達することになった。日本が頑張って、この危機を乗り越えてほしい」と述べた。

 朝鮮中央通信は、北朝鮮は金総書記名義で日本赤十字社に10万ドル、在日同胞に50万ドルの義援金を送ると報じている。

 許副議長は北朝鮮が白頭山(中国名:白頭山)の火山活動に関する共同研究を韓国に提案したことについて、「日本で数回も地震が発生するなど、世界的に地震活動が活発になっている。白頭山でも(火山爆発が)起こらないとは限らない」との考えを示した。

 北朝鮮の呼びかけに対し、韓国はまず民間レベルでの協議を提案している。許副議長は「まず民間交流を行い、その後は政府間の協議も必要になるだろう」と述べた。

 統一部は29日に開催される白頭山火山関連の南北専門家協議に出席する韓国側の代表団4人の名簿を北朝鮮側に伝えたことを25日に明らかにした。北朝鮮からは火山研究所の副所長ら5人が参加する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。