Go to Contents Go to Navigation

韓国補選の最大激戦地、与野党の大物が一騎打ち

記事一覧 2011.04.04 11:55

韓国補選の最大激戦地、与野党の大物が一騎打ち

 【ソウル2日聯合ニュース】4月27日に実施される国会議員の再・補欠選挙で最大激戦地になる京畿道城南市・盆堂乙選挙区で、与党ハンナラ党の姜在渉(カン・ジェソプ)元代表が同党の公認候補になり、すでに名乗りをあげた第1野党・民主党の孫鶴圭(ソン・ハクキュ)代表と対決する。与野党の大物による一騎打ちとなる盆堂乙区の補選は、来年の大統領選と総選挙の行方を占う「前哨戦」とされる。

 ハンナラ党は4日、前日に行われた世論調査方式の候補選出で姜元代表が圧倒的な支持で1位になったことを受け、盆堂乙区の候補に推薦すると発表した。民主党の孫鶴圭代表は先月30日に出馬を宣言しており、姜元代表の候補選出で、両党は総力を挙げて補選に臨む見通しだ。

 今回の補・再選は国会議員3選挙区、広域団体長1選挙区、基礎団体長6選挙区など全国38地域で実施される。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。